MARUGO

OUR BUSINESS

工業用品部

SCROLL
WHAT WE DO

高度な技術で、走りを支える

工業用品部では、自動車のエンジンルーム内で使われる
特殊なラッピングホースを車種ごとにカスタマイズし生産しています。
高度な技術と日々最適化される各工程の連携によって、
大型自動車のエンジンを支え続けています。

WHO WE ARE

もっと良く、もっと先へ

生産現場は細部にまでこだわりを持ち、日々業務をもっとよくする改善活動を推進しています。
5Sをはじめとした基本所作の徹底、一人ひとりがチームの枠を超え意見を交わしあえる風通しの良い環境づくり、
細やかな目標設定・管理により個々人が自律的に働ける仕組みづくりを推進し、
日々現場力を磨き続けています。

私たちが推進する取り組み課題

人材育成

慎重に仕事をすることも大切ですが、さまざまなことにトライをし現状をより良くしていく姿勢を大切にしています。そのため、積極的なコミュニケーションの実施、様々な工程への配置転換を推進しています。改善活動などの情報共有はもとより、意識・感情の共有を重視し、スキル・マインドの両面の視点から製造をとらえられる人材を育てています。

フレキシブルな生産体制

お客様を意識した生産体制(QCD)を満たすために、在庫を最小限にしつつ必要な時に必要なモノを必要なだけ供給する事ができるジャストインタイムを掲げて、各工程のリーダーがサイクルタイムをもとにカンバン・進捗管理板を作成し生産の3ムダラリ(ムダ・ムリ・ムラ)をなくし平準化する事で生産のリードタイム・品質不良をゼロに近づける事を意識しております。これを実現するために、日々の生産ロットを少量にし多品種を生産する多品種少量生産が必要と考え、品種ごとの切り替え(段替え)時間を極小化する取り組みを推進しております。