MARUGO

ABOUT US

会社情報

会社概要

  • 社名

    株式会社丸五(Marugo Company Inc.)

  • 代表者

    代表取締役社長 藤木 茂彦

  • 所在地

    • 本社工場

      〒710-1101 岡山県倉敷市茶屋町1680-1
      TEL.086-428-0230(代) FAX.086-428-7551

    • 東京営業所

      〒104-0031 東京都中央区京橋1-17-1
      昭美京橋第2ビル 2階
      TEL.03-3566-6105 FAX.03-3566-6108

    • アンテナショップ「MARUGO TOKYO」

      〒104-0031 東京都中央区京橋1-17-1
      昭美京橋第2ビル 1階
      TEL.03-3566-6105

  • 海外生産拠点

    中国:撫順

  • 海外販売拠点

    中国:上海

  • 創立

    1919年5月4日(大正8年)

  • 資本金

    3,000万円

  • 年商

    47億(2018年12月現在)

  • 従業員数

    140人(2018年12月現在)

  • 所属団体

    日本ゴム工業会、日本ゴム履物協会、岡山ゴム工業会、公益社団法人日本保安用品協会、日本プロテクティブスニーカー協会、日本グローブ工業会、一般社団法人日本DIY協会

沿革

  • 1919

    大正8年

    丸五足袋株式会社設立

  • 1924

    大正13年

    ドイツ人技師を招聘、革靴製造を開始

  • 1925

    大正14年

    運動靴・ゴム短靴製造開始

  • 1926

    大正15年

    摂政宮殿下(昭和天皇)甘露寺侍従御差遣

  • 1927

    昭和2年

    岡山~茶屋町マラソン主催

  • 1931

    昭和6年

    東京出張所開設

  • 1932

    昭和7年

    万年軍手の製法特許を取得、朝鮮半島、中国、台湾へ輸出

  • 1942

    昭和17年

    工業用品の製造開始

  • 1951

    昭和26年

    三笠宮崇仁殿下工場御視察

  • 1954

    昭和29年

    倉敷工場を分離、丸五ゴム工業株式会社設立

  • 1961

    昭和36年

    丸五足袋株式会社を丸五工業株式会社に改称

  • 1964

    昭和39年

    日本工業規格JIS許可工場となる

  • 1987

    昭和62年

    東京営業所開設

  • 1995

    平成7年

    中国遼寧省撫順市に撫順萬泰実業有限公司を設立

  • 1999

    平成11年

    社名を株式会社丸五と改める

  • 2002

    平成14年

    品質マネジメントシステム「ISO9001」認証取得

  • 2003

    平成15年

    日本プロテクティブスニーカー協会設立参加

  • 2006

    平成18年

    環境マネジメントシステム「ISO14001」認証取得

  • 2010

    平成22年

    中国上海市に丸五(上海)商貿有限公司を設立

  • 2011

    平成23年

    経済産業省 製品安全対策優良企業表彰/商務流通審議官賞を受賞

  • 2013

    平成25年

    緑十字賞を受賞

  • 2015

    平成27年

    丸五ホールディングス株式会社を設立

  • 2018

    平成30年

    地域未来牽引企業に選定

  • 2019

    令和元年

    創立100周年を迎える

ごあいさつ──足袋のはなし

女性の方は、いや男性でも、キモノを着た経験のある方は、足袋を履かれたことがあると思います。お祭りで神輿、だんじりや踊りに参加した経験のある方は地下足袋を履かれたことがあるかもしれません。足袋(あるいは地下足袋)は日本独特の履物です。どんなルーツがあるのでしょう?

そもそも履物というものは洋の東西を問わず冬の寒さや夏の熱い地面、あるいは切り株や尖った石などから足を守るために生み出されたものでしょう。板状の革に革紐で足を固定するサンダルのような履物は西洋に古くからありました。日本でも木の板に足指で挟む突起をつけた田下駄が稲作で使われていたことがわかっていますね。草を編んで履物の形にしたものが草履(ぞうり)です。稲わらで作るようになって藁草履となりました。草鞋(わらじ)は藁紐を長くして踵の固定を行い、より長距離での使用に耐えるようになりました。寒さをやわらげるために革で足の袋を作ったものが足袋、足指で鼻緒を挟むために拇指と他の指を分離した足袋(単皮、たび)を作るようになっていきます。足袋の始まりです。その後中世以降綿花の普及とともに綿製の足袋が支配階級を中心に普及していくことになります。

古来より「くつ」は権威の象徴でもありました。西洋では司教や裁判官が木靴や革製で底の厚いハイヒールのようなものを履いており、日本でも神官や貴族が木沓や布沓を履いていました。西洋ではそれが大衆化して革製の靴を作るようになりましたが、日本では、庶民は鼻緒と決別せず、草履や草鞋を履くようになっていきました。その理由は定かではありませんが、材料の入手し易さや気候の影響、生活様式として室内では履物を履かない、などが考えられると思います。

江戸時代になると綿花の栽培が盛んになり、寒さ対策だけでなく、正装の一部として足袋(白足袋)が使われるようになります。生地にも工夫が凝らされ、岡山県で雲斎織が誕生します。厚手の綾織りで丈夫で履き心地の良い足袋として人気を呼びました。江戸の末期から明治にかけて金属製のこはぜが使われるようになり、現在の足袋の形が出来上がりました。岡山県南でも綿花の栽培が盛んで倉敷地域は明治期には全国有数の足袋の産地となりました。ちなみに岡山で生まれた雲斎織は高級な足袋の生地として使われましたが、その後軍服に使われ、戦後は学生服に応用され、さらにその技術はデニム生地に活かされています。現在の児島デニムの発祥は足袋生地にあったわけです。

株式会社丸五は、1919年(大正8年)、丸五足袋株式会社として創立いたしました。当時、地域の一大産品であった足袋と新素材であったゴムを融合し、地下足袋の一貫生産を開始しました。これからも、人々の生活の安全と安心を、足元より支えていくことを基本に置いて、さまざまな商品やサービスを提案し続けてまいりたいと考えております。同時に、日本の職人さんたちが100年にわたって使ってきているJIKATABIを、世界の人々の生活シーンにもっと利用してもらえるよう努力してまいりたいと考えております。

代表取締役社長 藤木茂彦